頭の中を言語化するということ。

PAK86_pennotekakikomi20140312500

ごちゃごちゃと考え事をしていた時に下の本をオススメされたので、読んでみた。

 

「ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング」という本。

(下の画像からアマゾンへリンクしてます)

 

 

目からウロコがぼろぼろと落ちる内容。

「考える」という行為の意味合いが私の中で見事にひっくり返った。

 

頭の中でぼんやりと色々思い浮かべるのは「考える」じゃないんだなあ。

とにかく「書く」こと。

書いて「言葉」にすることで、初めて「考える」という行為にシフトする。ということだ。

 

この本の著者は、人は本来皆頭がいいのだと言っている。
本来の頭の良さを発揮するにはきちんと「考えられる」ようになること。
それは「書く」事で訓練される。

ということを、具体的な訓練方法まで含めて書いている。

 

今までも色んなネット記事などでも「書く事」の重要性を語ったものはあったけれど、この本の訓練法のステキなところは、とにかくハードルが低いこと。いつでもどこでもできるし、やり方自体もとてもシンプルで楽。

ただ、すごくカンタンなことなんだけど、実際に続けようと思うと実際は相当大変。

というか、私は続かなかった(笑)

 

それでも、再開しようと思えばいつでも再開できるし、再開自体のハードルも低いので、

そういうイミでもやっぱりオススメw

私はゆるゆる続けてみようと思ってます。

millech

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です